業務紹介プラント配管工事

プラント配管とは

プラント配管とは製鉄所や化学工場、食品工場などで使われる色々な配管を指します。

配管内は上下水道に始まり、高温の熱湯や酸素はじめ色々なガス、製造に必要な液体が流れます。

プラント配管設計は工場内の管のレイアウトや材質、寸法はじめそれらを送るためのポンプ、モーターなどを扱う高度な設計になり、給排水衛生工事、空調工事、消防配管工事などの設備工事とは別物として扱われています。

プラントの場合、圧力、温度、配管系統にある弁、流量計、レジューサー等の機器が設置されています。

それに配管のサポート、ポンプにより起こる振動、キャビテーションその他いろいろな問題があり水道関係とは全く要素が違ってきます。

確かな技術力と実績

配管各種SGP配管ステンレス配管銅配管エンビ管、埋設管、その他幅広い原材料の配管工事に対応致します。

一般ユーティリティ配管、水・エアー・蒸気・窒素・油圧・各種ガス・都市ガス・化学薬液アンモニア・苛性ソーダ・化学用外劇物、サニタリー配管、スラリー配管など多種にわたり経験があります。

またガス配管などで多い、レントゲンにも対応可能です。

(株)花の木設備工業は施工会社として実績を積んでまいりました。設計図さえあればこれまでの経験を生かし必ずやお客様のお役に立てるものと確信しております。